うつ病の診断は軽視しないで!【全ての人の心のケアを行う】

サイトメニュー

信頼できる医師が担当する

看護師

投薬以外の治療も有効です

健康な人であれば人間関係でストレスを受けたり、一時的に憂鬱な気分になって落ち込んだりしても、数日経過すると回復することがほとんどです。うつ病に罹るとマイナス思考になりがちだったり、意欲や気力が減退して家事や仕事でミスをしやすいですし、洗面や着替えなども億劫になることもあります。3週間以上気分が優れない状態が続き、日常生活に支障をきたしている場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診して下さい。自分では自覚していない症状もあるので、なるべく同居をしている家族に付き添ってもらうのがお勧めです。精神神経科の病院やクリニックでは、問診やカウンセリング、診察などを行って総合的に判断して病気の診断が付くことが多いです。うつ病と診断されると本人はもちろん、同居をしている家族も動揺したり、不安を感じたりしてしまいます。うつ病は抗不安薬や抗うつ剤、睡眠導入剤などの医薬品が有効なので、しばらくは根気よく続けることが大事です。薬には即効性はありませんが、不安感やイライラ、緊張などを緩和したり、寝付きを良くしたりする効果があります。十分な休息や睡眠が必要な病気なので、不眠などの症状が見られる場合は睡眠導入剤を処方してもらうのもお勧めです。最初から強い薬を処方されることはないですし、気になる副作用が見られる場合は薬を変えてもらうことも出来ます。良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気なのであせりを感じる人が多いですが、病気が診断されたら休学や休職をして、ストレス環境から一時的に離れるのも効果的です。うつ病は真面目で責任感の強い性格の人が罹りやすい病気ですが、一時的に強いストレスを感じたり、家族や配偶者、親友などの大切な人と死別したりすることでも発症をすることもあります。女性の場合は結婚、出産などで環境が変化したり、ホルモンバランスが崩れやすいので男性に比べるとやや多い傾向があります。気になる症状が見られる場合は精神神経科の病院やクリニックを受診して、診察やカウンセリングなどの精神療法を受けることで診断が付くことが多いです。地元で評判の高い精神神経科の病院やクリニックは、電話や受付の応対が丁寧ですし、清潔で落ち着いた雰囲気が特徴です。経験豊富な医師が在籍をしているクリニックや病院を選ぶことが大事です。うつ病の治療は内服薬が中心になりますが、強いストレスを感じていたり、家庭や職場などの人間関係で悩んでいたりする場合は、カウンセリングなどの精神療法は大変有効です。うつ病と診断された人はネガティブな考え方をしがちなので、間違った考え方を改善するためには認知行動療法がお勧めです。認知行動療法はうつ病が診断された人には大変有効な治療法なので、治療が受けられる病院やクリニックがお勧めです。気力や意欲が減退してしまい、家に閉じこもりがちだと感じている場合はデイケアに通院をすることで、生活習慣を改善したり、同じ病気で悩んでいる人と交流を持ったりすることが出来ます。信頼できる医師が在籍をしている精神神経科のクリニックを選ぶと、一人一人の症状や体調に合わせた治療を提案してくれます。薬の効能や副作用などもきちんと説明してくれる所がお勧めです。